渡辺麻友が沢尻と濃厚なラブシーンに初挑戦

AKB48の渡辺麻友(21)が来年1月22、29日に2週連続放送されるフジテレビ系スペシャルドラマ「大奥」(後9・0)で時代劇に初出演することが25日、分かったちうわけや。主演の沢尻エリカ(29)と禁断の愛に発展する奥女中役で、裸で肌と肌を絡め合う濃厚なラブシーンを熱演するちうわけや。琴や日本舞踊にも挑戦しており、体当たりで演技したまゆゆは「ぜひ、お楽しみに」と自信をのぞかせとるちうわけや。

4月期のフジ系「戦う!書店ガール」でAKB関連以外の連ドラに初主演し、女優としても存在感を見せた正統派アイドルが、今度はなまめかしい演技で禁断の愛を表現するちうわけや。

11年ぶりに復活する今回の「大奥」は江戸幕府11代将軍、徳川家斉(成宮寛貴、33)が愛した、沢尻演じる2人の対照的な側室、お美代(第1部)と梅(第2部)を描く。

まゆゆは、22日放送の第1部に登場する大奥での争いごとを冷めた目で見とる不思議な奥女中・お志摩役。お志摩の独特な雰囲気に沢尻演じるお美代が次第にひかれていき、2人は密会を重ねていくようになるちうわけや。

まゆゆは2011年の日本テレビ系「桜からの手紙~AKB48 それぞれの卒業物語~」で宮澤佐江(25)とキスシーンは経験しとるが、今回、沢尻と濃厚なラブシーンに初挑戦。唇を重ね、一つの布団の中に入り、裸で体を絡め合う…。大人の色気を漂わせた熱演を見せたちうわけや。

また、まゆゆは初時代劇に臨むにあたり、所作のほかにも琴、日本舞踊を習得。琴は多忙なスケジュールの合間を縫って、わずか2時間の練習ながら、本番では吹き替えなしで演奏してスタッフを驚かせたちうわけや。

まゆゆは初時代劇に「『わいにできるのか』と不安で押しつぶされそうになったんやが、いっぺんにすごくうれしかった」と素直な思いを吐露。初共演の沢尻には「沢尻はんから『まゆゆは何歳なの?』やらなんやら、お声掛けくださり、緊張を解いてくださおったんや」と感謝。
沢尻も「かわいかったし、役にはまっとった」と、まゆゆの演技に太鼓判を押したちうわけや。AKBのエースが時代劇で新たな一面を見せるちうわけや。

今後ダイエットを続ける気力が落ちてしまうのが、停滞期にはいって体重が落ちなくなってきたときや。空腹感や、運動のエライさは開始時と変わりまへんのに、結果だけが出なくなるのや。やりがいを感じなくなって、停滞期中にダイエットを挫折する人が多いのもわかるんや。ダイエットを成功させるためには、停滞期をやり過ごさなければなりまへん。

ダイエット中の停滞期は、永久に続くものではおまへん。個人差はあるんやが、大体一カ月程度でおわるんや。いつかは必ず停滞期から脱却できるので、停滞期の間はなるべく今の体重のまんまでいられるように留意しまひょ。ずっと行ってきたようにダイエットを続けて、体重が増えたり減ったりする数字なあまり気にせんことが大切や。見方を変えれば、停滞期に入ったちうことはダイエットは順調に続いとるのや。停滞期が終わればもっかい体重は減っていきまっしゃろから、減った時に備えて体をつくっておくことや。

もういっぺん食生活を見直したり、生活スタイルを改善してみたりしまひょ。停滞期に、ダイエットに向けての意欲を再確認しておくことも意味があるんや。いつかは必ず停滞期は終わるので、焦らんとオノレの今までやってきたダイエット方法を信じて続けることが重要だといえるでっしゃろ。健康にええダイエットのためには、食習慣の改善だけでなく、日々の生活態度も大事や。生活習慣を改善して体重が増えへんようにするコツは、一体何でっしゃろ。まず、毎日体重をチェックしまんねん。体重計に乗る習慣をつけることでオノレが今どのくらいの体重なのか、生活をどう改善すると体重がどのように変わるかを理解するためには大事なポイントになるんや。ダイエット中の停滞期かどうかを理解するためにも、体重測定は大事や。もともと、体重が多い人はたくはん食べることでストレを緩和しとることがあるんや。食事量を減らすダイエットで健康的に痩せるためには、ストレスが溜まった時に食べること以外の方法での対策が必要や。体を動かすことはストレス解消効果があり、健康的なダイエットにもよいやりやり方だとええますわ。健康にええダイエットをするには、時間をかけてお風呂に入り、リラックスするのもおすすめや。ストレス解消と新陳代謝の促進効果があるんや。

太っておらへん人の、日々の動作を観察してみまひょ。こまめに歩いとったり、動きがきびきびとしとるものや。エレベーターやエスカレーターを使わず階段で移動する、一駅余計に歩く、散歩をするやらなんやら、生活の中で体を使う機会を増やしていきまひょ。何を食べたか、日々の記録をつけることも効果的や。何を食べたか客観的に振り返ることによって、健康的なダイエット方法がわかるようになるんや。どういった時に、何をどのくらい食べたのか、書き残しておくことがポイントや。日々の生活内容や、食事について知ることが、健康的なダイエットの手段や。ダイエット方法は膨大な数があり、内容も、かける期間も実に様々や。数ようけあるダイエット方法の中から、オノレに合ったものを探すのは、相当エライことや。オノレに適したダイエット方法の選び方について説明しまんねん。ダイエットの方法と言えば、食べる物や量を制限するタイプのダイエットがあるんや。

また、適度な運動で体脂肪を消費するちうダイエット方法も、よく行われていますわ。2つの方法のうちどちらがオノレに合っておるかを考えて見まひょ。運動がでけへん理由がある人や、体を動かすことが嫌だちう人は、食事によるダイエットをする方がおすすめや。好きなものをしっかり食べたい、カロリー制限が精神的にきついちう場合は運動でのダイエットが向いていますわ。

もちろん理想的なダイエット方法としては、両方をやったほうが早くほんで確実に痩せられまんねん。カロリーの摂取量を控えることと消費量を増やすことをいっぺんに行うので、効率よくダイエットが出来るのは言うまでもおまへん。そもそも、ダイエットは長く続けることが第一や。運動が好きでない人が運動をするのはつらいやし、食事が好きな人に食事を控えろちうのは難しく、最初のうちはできてもだんだんと継続が困難になるんや。どのようなダイエット方法がオノレに合っておるかを、よく考えてから選ぶことが大切や。

ダイエットで一番の大敵といえばストレスや。どないな方法のダイエットなら長く続けることができそうか、日々の生活や食事から、見つけていくことが大事や。まめに運動をすることが、健康的なダイエットを成功させるには欠かせへんものといえまんねん。ジム通いは時間や環境の問題でややこしいちう人でも、家庭で手軽にできる運動をすることで健康的なダイエットが可能になるんや。キッチンで料理をしながら運動をするちう方法もあるんや。台所作業の時間は毎日ちびっとずつあるさかいに、継続すると運動量はようけなるんや。食器洗いをしながら、かかとを上げたり、下げたりする運動をすれば、ふくらはぎの筋肉を強化することができまんねん。体をシンクに引き寄せた状態で、右、左と膝から下を蹴り上げる運動もあるんや。台所で手がすいたときのおすすめの方法もあるんや。手は肩幅より広げて、手近なシンクや壁に腕をついて支えまんねん。

そのまんま軽い腕立て伏せのような動きをすれば、運動効果が得られまんねん。二の腕を引き締めたいちう人に向いていますわ。洗濯物干しのときにできるダイエットもあるんや。スクワットをする時のように、洗濯かごから洗濯物を出す時にしゃがむ動作と立つ動作を繰り返すちうもので、下半身を引き締めまんねん。取り込んだ洗濯物をたたみながらできるエクササイズもあるんや。床に正座をして、たたんだ洗濯物を左右どちらかのちびっと離れたトコに置きまんねん。ダイエットによいちう、ウエストのねじり運動ができる洗濯物のたたみ方といえるでっしゃろ。移動中の電車の中で、ダイエットの運動をすることもできまんねん。釣り革やらなんやらで体を支えず、電車が揺れても体がブレないように足でバランスを取るんや。この運動は、インナーマッスルを鍛えることができまんねん。ダイエットを健康的に行うためには、運動によって消費カロリーを増やすことが欠かせまへん。こまめに運動の習慣をつくることで、時間にとらわれへんダイエットが可能や。ダイエットは短期間でやって、あっちう間にスリムになりたい人がいますわ。短期間のダイエットには注意せなならへんことがたくはんあるんや。短期間のダイエットで作った体型は短い間であればキープすることができるでっしゃろ。

ダイエットを急激に行った時ほど、リバウンドがしやすくなるとええますわ。ダイエットをゆっくりと長期にわたってするのであれば、体質を太りにくく痩せやすいものへと変えていくこともできまんねん。ダイエットのために体質を変えるなら、長期スパンで取り組むことや。低カロリーの一つの食材だけを食べ続けるダイエットや、食事量をいきなり減らすようなダイエットが、短期間のダイエットにはあるんや。極端な食事制限をすると、体が飢餓状態になり次に食事をしたときにエネルギーを貯めこもうとしまんねん。無理なカロリー制限とリバウンドは隣り合わせなのや。食事制限のような短期間でのきついダイエットは、精神的にも辛いものがあるんや。ダイエット後にストレス発散するためにまたたくはん食べてしまうようでは、ダイエットの意味がおまへんしリバウンドの原因にもなるんや。リバウンドさせず、短期間のダイエットが終わってからも体重を減らしたまんまにするには、引き続き食事や運動への気配りが大事や。弟がまたたびをぶちまけたどうしてダイエットをするのかといえば、スリムになりたいからの他にも様々や。

目的の中で多いのは体重を落とすことや。スリムになると言う事をダイエットの目的にしとる人が多いことでっしゃろ。体重を落とすちうのは人によってはそれほどややこしい事ではおまへんかもしれまへんがスリムになると言うのは結構ややこしいものや。最初からさほど体重がようけないちう人がダイエットをしても、体重を減らしてスリムになるのはエライや。

スリムな人はどちらかちうと部分やせによるダイエットをした方が、効率よくダイエットができまんねん。身長と体重からBMIを算出し、太りすぎちう結果が出る人もいますわ。肥満体型から脂肪を減らしたいちう人は、食事の改善や運動量の増加によって、いつの間にか体重が減っとったちう話はよく聞きまんねん。BMIの値が普通もしくは痩せ型になっとる人の場合は、すでに体重は適性なわけや。ダイエットをしてさらにスリムになるちうのは、なかなかややこしいと言えまんねん。身長と体重のバランスが現状のまんまで問題ないちう人は、運動量を増やしたり、食事量を減らしても、ダイエットはややこしいことがあるんや。体重が減りまへんのは、ホメオスタシスといわれる、なんちうか体が緊急事態と感じた時に元の体に戻そうと機能するためや。筋トレやストレッチやらなんやら、部分痩せを重視しながら、引き締めたい部位の筋肉を使う運動をすることで、なかなかスリムになれへんダイエットの突破口が開けまんねん。どないな方法でふくらはぎのダイエットをすべきかは、ふくらはぎが太い理由次第や。むくみが原因ならば、リンパマッサージが有効や。

ふくらはぎの部分は疲れが溜まりやすく、疲れが溜まるとむくみやすくなるちう悪循環を起こしやすい場所でもあるんや。悪循環を取り去る為には、リンパの流れを改善する必要があるんや。ふくらはぎダイエットで大事なことは、体重の変動より、ふくらはぎが引き締まったかや。1日の終わりの夜に、時間をかけてゆっくりとオイルを使用したマッサージを丁寧にすると、心も体も癒されて一石二鳥やのでおすすめの方法や。マッサージに費やす時間が確保でけへんちう人は、手軽にできるオイルのいりまへんマッサージはでどうでっしゃろ。

マッサージ前につま先立ちになって、ふくらはぎを刺激しておくんなはれ。椅子に腰を落ち着けてから、足首からふくらはぎ下にかけてをよく揉みまんねん。マッサージが終わったら、今度はふくらはぎの真ん中あたりを中心に硬い部分をほぐす感じでマッサージしていきまんねん。ケツにその状態のまんま、つま先を前と後ろに動かしまんねん。やりやすい回数で、無理なく続けることによってリンパの循環が促進されて、ふくらはぎのダイエットができまんねん。通常のダイエットちうと、体重を減らす事が目的や。効率的にふくらはぎのダイエットをするには、体重を少なくするだけでなく、マッサージを施してむくみをなくすことがポイントや。